トレーラーハウスに宿泊!

未分類

キャンピングカー購入を目指す!とは言え、すぐに買えるものではないので、キャンピングカーショーのイベントへ行ってみたり、取り扱っている車屋さんを見に行ったりしている我が家です。
もう一歩前へ進みたく、トレーラーハウスに宿泊できるキャンプ場へ行ってきました!

宿泊したのは12月。完全なるオフシーズンなので、運営さんもびっくりされたかもしれません。

どうやって見つけたの?

いきなりトレーラーハウスに泊まった!とか言っても、それってどうやって見つけたの??と聞きたくなりますよね。
普段から安い中古のキャンピングカーは無いかな?と検索をかけていた我が家ですが、キャンピングトレーラーなら車よりはちょっとだけ安いので、中古のキャンピングトレーラーも一緒に探していたのです。
そして更に実物を見たい…と調べていたら、宿泊できる「キャンプ場」を発見しました。

最近は数が増えて、都市部に近い所にもあったりするので調べてみてください~!

カヌーの里おおち

今回宿泊させて頂いたのは、島根県邑智郡美里町にある「カヌーの里おおち」さんです。
今回は宿泊が目的だったこともあり、天気も視野に入れずに行ってしまったため出来ませんでしたが、その名の通りカヌー体験が目玉のキャンプ場です。敷地も広くのびのびと遊べますよ!

サイトはこちらになります!→カヌーの里おおち

これがトレーラーハウスだ!!!!

2018年に新設されたタイプです!海外製とのこと。
トレーラーハウスの横まで車を乗りつけれるので、使い勝手もいい感じ!

入ってすぐにキッチン(まさしく海外製)の水回りと冷蔵庫があります。
反対側のドアの先は、寝室です。
たぶんクイーンサイズ位のベッド?
ここは独立して1部屋なので、ぐっすり寝れそうです。
※今回は旦那が独り占めで寝てしまいましたが…!

キッチンの隣は3段ベッド!
3段目は高くて登れませんw
2段目の奥には壁にライトが設置してあって、カプセルホテル風な個室が楽しめます。

3段ベッドの隣の扉は、トイレ&お風呂エリアです。
お風呂は完全に海外のユニットバスのスタイルで、夏場キャンプで汗を流すのにちょうどいいかな?という感じです。

キッチンの向かいはテーブルを囲んだソファーと、皮のソファーはベッドに出来るタイプでした!

中に入ると部屋そのもの!広さは1人暮らしのワンルーム位ですかね?十分な広さです!

広すぎてキャンピングカーとの比較にならない

まさしく…。ちょっと想像より広すぎて、天気も小雨だったこともあり、到着してからずっとトレーラーハウスに籠っていました。
それくらいに広いんです。

旦那が持ってきたプロジェクターとFireTVで配信をみつつ、ドローンを飛ばしてみたり(室内で)ちびちゃん達は3段ベッドがお気に入りで、ぬいぐるみを持っていっては籠ってみたりと楽しめました!

気温はまだ凍る時期ではなかったのですが、床暖房がついているのと、就寝時用に寝袋を貸して頂けるので、何の問題もなく朝まで寝ることができました。

結局旦那がベッド部屋を占領してしまったので、私とちびちゃん2人は3段ベッドの一番下と二段目に寝袋に入りつつ寝ました。
ちびちゃん達は寝相が悪いのでちょうどよかったかもしれません。

寝袋の保温が良すぎて足が暑く感じるくらいでしたよ~

これは外せない!的な機能

泊まってみてキャンピングカーにあった方が良いなと思ったものは、常設の2段ベッド!快適!です。すぐに横になって寝れる環境がある車はやっぱり良いですよね…(我が家では)
旦那はキャンピングカー=設営終わったら酒が飲めるということで、トイレが必須だと感じたそうです。室内で完結すれば確かに快適?かな。私は道の駅とかですぐに借りれる所があったらそっちがいいかな?ってまだ思う派ですが。

今回、食事も道中で総菜を買い、お湯を沸かして食べれる位のものしか用意をしなかったのですが、お湯vsレンジの話はまだ平行線です。
コンロは立派なガスコンロがついていたのですが、換気がどうしても気になってしまうし(今回のは換気扇がついていました)電子レンジはブレーカーが落ちないかが心配という。
これはキャンピングカーになっても悩む部分なんですよね。いっそ調理部分はコンビニや道の駅利用でいいんじゃない?っておもうこともありますが、コンロと水道を車につけることで、車の車両保険云々が変わってくるとのことで。悩むところです。

まとめ

トレーラーハウスに泊まってみて、ぎゅっとコンパクトになった部屋はとても快適だという事がわかりました!
キャンプといっても色々な電気機器を持って行って、建物に籠ってしまうタイプの我が家にとっては、夢のような空間でした。

キャンピングカー購入を目指すぞー!

 

 

コメント